バイアグラの効果や副作用

バイアグラについて

バイアグラとは、1998年3月27日に米食品医薬品局(FDA)によって承認された、米製薬会社ファイザー(Pfizer)の超大型新薬は、全世界でこれまでに約6500万件処方されたed治療薬です。

 

バイアグラ(クエン酸シルデナフィル)は、勃起機能不全の治療薬としてアメリカFDAより承認さた最初の経口剤です。 日本では、ファイザー製薬より発売されていますが、インターネットなどでの個人輸入や、海外ツアーで購入する人もいる。

 

バイアグラの成分

バイアグラ®錠50mgは1錠中に

有効成分としてシルデナフィルクエン酸塩70.23mgのうち

シルデナフィルとして50mgを含有しています。

その他添加物として

結晶セルロース、無水リン酸水素カルシウム、クロスカルメロースナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、乳糖水和物、酸化チタン、トリアセチン、青色2号が含まれます。

シルデナフィルはもともと狭心症の治療薬として研究される過程でペニスの勃起を促進する作用が認められました。

バイアグラの特徴

バイアグラ

バイアグラのパッケージ

ひし形で青色の錠剤です。
効果は服用後1時間程度から性的刺激を与えることで現れます。

最大4時間程度まで効果が持続します。

用法及び用量

通常、成人は1日1回1錠(25mg~50mg)を性行為の約1時間前にコップ1杯程度の水またはぬるま湯で服用します。

食後に飲むと効果が現れるまでに時間がかかる場合がありますので食事前に飲んでください。

服用・取り扱いの注意点

1. バイアグラを使用する時は性行為の約1時間前に飲んでください。
効果は1時間程度で現れます。なお、食後に飲むと効果が現れるまでに1時間以上かかる場合がありますので食事前に飲んでください。 逆に空腹時の服用は早めに効果が現れる場合があります。
また、服用の際グレープフルーツジュースを同時に飲むとバイアグラの効果が過剰にあらわれる可能性がありますので注意してください。
2. 飲むだけでは勃起しません。必ず性的刺激を与えてください。
効果により勝手に勃起するお薬ではなく、性的欲求があった上で性的刺激がなければ勃起はしません。勃起状態を補助するお薬とお考えください。
また、性的興奮作用や性欲増進作用はなく、エイズなど性行為によって感染する病気(性行為感染症)を防ぐような効果もありません。
3. バイアグラの服用は1日1回を守って24時間以内の連続服用は控えてください。
決められた用法・用量に従ってください。多量に摂取したからといって効果が持続・増進したりすることはありません。副作用が現れるなどかえって健康を害する恐れがあります。
4. バイアグラを飲んだ後は、自動車や機械の運転操作には注意してください。
服用後の副作用によりめまいや視覚障害を起こす場合がありますので、効果が及んでいる4~6時間の間は十分に注意してください。
5. お酒との併用
適量の飲酒はアルコール自体に精神安定作用(リラックス作用)がありますのでバイアグラの効果を引き出すことが可能です。 しかし、飲み過ぎるとかえって逆効果になりますのでご注意ください。
6. バイアグラは他人に譲り渡さないでください。
医師の診断のもとに処方されるお薬です。譲り渡した相手が服用に不適当な病気にかかっていたり併用禁忌薬を使用している可能性があります。絶対に譲り渡さないでください。

バイアグラの副作用

バイアグラの効果が現れると同時に多くの方が「顔のほてり」を感じます。
これは血管を広げる作用によるものであり効果の現れた証拠でもあります。その他に「頭痛」「動悸」「鼻炎」「不快感」や光に過敏になり色が変化して見えたりする「視覚異常」などがありますが、4~6時間で症状が収まるようであればあまり気にする必要はありません。
どうしても気になる症状がでるとき、他の副作用または異常を感じたときには服用を中止し、必ず医師にご相談ください。
また、服用後4時間を越えて勃起が続く場合は、勃起機能に危険が及ぶ可能性がありますのですぐ医療機関で診察を受けてください。

 

ED治療薬バイアグラについて

バイアグラの効き目

バイアグラの効果や副作用

バイアグラの使用期限と保存方法

バイアグラと通販(KAISEI CLINIC)

タイトルとURLをコピーしました